僕がノースフェイス ヌプシ ダウンジャケットを個人輸入したショップ

Pocket

 

どうも先日ヌプシを個人輸入で購入した、ヒロです!

今回はノースフェイスの海外限定モデルのヌプシダウンジャケットのオレンジを、

個人輸入したショップをご紹介します。

2018年限定でオレンジカラーが追加されたので、

即購入しました!

2017年はマウンテンジャケットGTXのホワイトもあったのですが、

余裕こいていたら完売してしまいました、、、

自分のサイズの在庫があったら、即購入がおすすめです!

 

英語がわからなくて不安な人はこちらを先にみてください。

英語がわからない海外ネット通販で最初にやるのはこれ!

個人輸入したのはこのショップ

prodirectselect

ヌプシ オレンジ

※10月後半になり完売しました!

人気モデル・カラーは10月初旬に購入がおすすめです。

2018年10月16日現在、

多くの海外ショップで完売しています。

直営オンラインならまだ在庫がありますが、

代行サービスを使用しないと購入できません。

 

日本に直送してくれるショップは、

イギリスのJDsports。

JDsportsのヌプシオレンジ

下記は来年も参考になるので是非読んでみてください^^

 

僕が買った理由

・イギリスでも有名なスポーツ用品ショップ

・日本から購入するとイギリスの付加価値税VATが免除

・送料が安い 11.95ポンド(1ポンド150円計算で1792円)

・荷物に追跡がついている。

・郵便局が配達してくれるので関税がかかりにくい。

(もちろんかかる場合もありますよ。)

ちなみに、

配送期間は約10日〜2週間くらいです。

年末年始などは遅れる場合あり。

 

prodirect select 合計金額を計算してみた

 

ヌプシはイギリスだと定価220ポンド。

購入画面に行くとVATが引かれ、183.33ポンドになります。

送料と合計で、195.28ポンド。

合計金額29292円(1ポンド150円計算)安い!

VATが免税されないショップだと、

33000円プラス送料なのでかなりお得です。

 

購入方法を解説

 

基本は日本でネットショッピングするのと変わりません。

ちなみに僕、英語はできません!!

英語はできなくても購入できます、ご心配なさらず。

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

お目当のものが出てきたら見てみましょう。

 

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

 

サイズ上部の【イギリス EU 米国】はスニーカー購入時のみ使用します。

 

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

この画面ではイギリスの付加価値税VATがまだ引かれていません。

 

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

初めて購入する方は【登録】の方からメールアドレスとパスワードを決めてください。

 

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

バツの部分は入力しなくてOK!

 

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

送料は基本11.95ポンド〜早く欲しければ、

高い方を選択。

 

ノースフェイス ヌプシ 個人輸入方法

クレジットードかpaypalを選択。

心配ならpaypalがおすすめですが手数料が高めです。

住所に間違いがないか確認したらチェックを入れて購入完了です!

 

prodirectに在庫がない場合、

他のショップも調べてみました

おすすめショップ

endclothing

ヌプシ オレンジ

2018年9月時点でヌプシのオレンジは完売。

もはや日本ユーザー多数!イギリスの有名セレクトショップ。

ただ人気モデルは完売が早い。

価格は31000円前後。

付加価値税VATは免除。

3万円以上購入で日本への配送料無料ですが、

(3万円以下は2200円。たまに全品送料無料キャンペーンやります。)

Fedexでの配送のため必ず関税がかかります。

関税+国内消費税+立て替え手数料で大体3000円〜4000円くらいだと思います。

なので合計34000円〜35000円くらい。

そのかわりとにかく早い!

平均5日〜7日で届きます。

お急ぎの際は利用価値あり。

 

urbanindustry

ノースフェイス一覧

こちらは関税込みで購入できるので安心です。

ちなみに関税を配達された受け取り時に、

支払うタイプも選択できます。

その方が安くなるという説もあり。

為替により価格は前後しますがこの時は、

37708円。

微妙な価格…

ですがこちらも平均5〜7日で到着と早い!

ちなみにこの記事を書いている時はすでに完売。

ヌプシブラックとGTXのオレンジはありました。

ノースフェイス好きはチェックして見てもいいかもです。

 

他にも日本に配送してくれないショップから、

代行業者を使用する方法もあります。

そちらの方が仲介料がかかるので多少値段は上がりますが、

手に入らないものが手に入るのでその方法も今後紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です